まめ学

日本の残業時間って減っているの? 2019年10~12月集計を発表

イメージ
イメージ

 就職・転職のためのジョブマーケット・プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワーク(東京)は、「『日本の残業時間』四半期速報」2019年10─12月集計を発表した。働き改革の進展で、果たして残業時間は減っているのか??

 OpenWorkに集まる社員クチコミデータから、2014年以降、四半期ごとの残業時間を全体と業種別で発表しているもの。働き方改革の第1フェーズとして各企業が取り組みを始めており、2019年4月には働き方改革関連法案の施行により時間外労働の罰則付き上限規制が設けられるなど、長時間労働是正への意識が高まってきた。データにはそれがどう反映されているのか、定点観測として四半期ごとに発表している。

 それによると、減少を続けてきた平均残業時間だが、全体では7―9月集計の25.62時間/月から微増し、10~12月集計では25.76時間/月(+0.14)となった。業種別では、「マスコミ」が+2.38時間と、他業種に比べて大きく増加。一方、7~9月集計より1時間以上減少した業種は「コンサルティング」(-1.27)、「インフラ・運輸」(-1.39)だった。