まめ学

繁華街、観光地ガラガラ コロナウイルスの影響鮮明

イメージ
イメージ

 確かにあちこち空いている。夕食や飲み会帰りで普段は人が多い平日の夜でも、歩く人はまばら。京都の観光地で40%減、都心でも20-25%減という著しい変化が、人流変化のモニタリング調査(クロスロケーションズ・東京)で観測された。

 

 同社の位置情報データ活用プラットフォーム「 Location AI Platform 」の特徴エリア別定点観測機能を使用した、2月初旬時点の調査。銀座や新宿など外国人観光客も多く訪れる都心の繁華街では、昨年12月と比べ銀座では約25%、新宿歌舞伎町エリアでは約20%減少。北海道・札幌の観光地でも約30%減。特にすすきのエリアの平日夜・週末夜の減少が目立ち、宴席自粛の影響がうかがえた。

 京都・大阪の観光地・繁華街でも約25%減少。外国人観光客に人気の京都伏見エリアでは、昨年と比べ40%減少している時間帯も見られた。