まめ学

買い占め問題に関する調査 「デマ」だと知りつつ買いだめした人が圧倒的!

Close up shot of tissues roll pack for sell at supermarket

 新型コロナウイルスによる影響で、街中ではマスクが長く品薄状態となっているが、そのほかにも、デマ情報が発端となって買いだめする人が増え、トイレットペーパーも品薄状態に。さらに、お米、カップ麺などの食品類も同様の動きが出ている。そうした中、インターネットリサーチを行う「トレンドリサーチ」(NEXER・東京)は、「買い占め問題」について調査を実施した。集計対象人数は958人。

 最初に、どれくらいの人が通常よりも多く購入する「買いだめ」をしたか調べると、この1か月以内に買いだめした人は23.3%だった。また、各商品が「今後不足する」という情報のほとんどがデマだということを知っているか聞いたところ、何と91.5%の人が「知っている」と回答。デマと知りながらも買いだめしている人が多いことが分かった。

2302-1

2302-2

 さらに、今回の品薄・品切状態となっている商品の多くは「“買い占め”行為が引き起こしている」と言われていることを知っているかを聞いたところ、90.6%の人が「知っている」と回答していた。

 買い溜めをする理由として「デマと分っていても、実際に店で売っていないから」(40代・男性)、「本当に必要な時に無いと困るので」(50代・男性)という回答が目立ったが、中には「(買いだめで)外出の頻度を少なくして感染のリスクを減らしたい」(30代・女性)といった声もあった。