まめ学

3月7日は「サウナの日」! 日本のサウナ実態調査

 3月7日は「サウナの日」なのだとか。日本サウナ・温冷浴総合研究所(東京)は、日本全国1万人の成人男女(18~69歳の男性5,015人、女性4,985人)を対象に、「日本のサウナ実態調査」を実施した。

 日本には月1回以上サウナ浴をする“ミドルサウナー”は推計651.2万人(昨年678万人)、月に4回以上サウナ浴をする“ヘビーサウナー”は推計342万人(昨年335万人)いるとの結果が出た。年に1回以上サウナ浴をするライトサウナーと併せて、約2,761万人(昨年2,714万人)が、年に1回以上サウナを利用していることがうかがえる。

 人数としては昨年より若干の上昇傾向が見られる。サウナが好きと答えた人は約32%となり、昨年(31%)から微増した。

 サウナ利用者における水風呂の利用実態を見ると、「入らない」「シャワー・かけ水のみ」の温冷浴をしない人が6割以上となる。また男女で比較すると、男性の水風呂の利用率は43%、女性の水風呂の利用率は24%となり、男性の方が水風呂の利用率は高く、温冷浴を実践している人が多いことが分かった。