カルチャー

令和にふさわしいロールモデルは? 『わた定』の東山結衣、『ヒロアカ』のオールマイトらをノミネート

main

 「PERSOL Work-Style AWARD2020~はたらいて、笑おう。~」。新型コロナウイルスの影響もあり、ますます多様な働き方が求められる現代。あなたが令和にふさわしいロールモデルだと思う人は誰?

 パーソルホールディングスは、新しい働き方のロールモデルとなるノミネート者40人を発表。「PERSOL Work-Style AWARD」2回目となる今年は、多くの人の働き方に対する価値観をアップデートした著名人を表彰する「著名人部門」と、漫画・アニメ・ドラマなどのフィクションの世界で、働き方の多様性を実現し、社会に対してインパクトや感動を与えたキャラクターを表彰する「キャラクター部門」の2部門を新設した(著名人部門の事前発表は行わない)。

 キャラクター部門でノミネートされたのは、漫画『クッキングパパ』の荒岩一味、小説『わたし、定時で帰ります。』の東山結衣、「仮面ライダーゼロワン」(テレビ朝日)の飛電或人、TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」のオールマイト。そのほか、働く環境やステージを変え、さらなる飛躍や成長を遂げたグッドワーキスタに贈る「ネクストキャリア部門」、性差・人種・国籍にとらわれず自分にしかできない働き方を実践した人を表彰する「ダイバーシティ部門」、形にとらわれず、さまざまな働き方で社会貢献している人の「パラレルキャリア部門」、働くことを通じて、人生100年時代を体現する人をたたえる「アクティブシニア部門」ほか、「ふるさと貢献部門」「グローバルチャレンジ部門」がある。ノミネートされた人の詳細はHPから。