SDGs

「ひんこん」てなあに? 子ども向けSDGsアニメを公開

4

 日々の紙面はもちろんのこと、テレビのCMでも見かけるようになった「SDGs」(持続可能な開発目標)という言葉。大人が率先して目標達成のために行動することは当然だが、いずれ社会の主役となる子どもたちにもその意義を理解してもらうことが大切だ。

 SDGs支援機構(東京)は、幼稚園や小学校などで利用できる子ども向けのSDGsアニメ「こどもSDGs」を公開した。同機構では、もともと企業向けのSDGsアニメを配信しており、今回はその内容を子どもにも分かりやすくした。子どもが身近に感じるように、ナレーションにも子どもの声を採用。順次、17目標すべてをカバーする予定だ。現在視聴できるのは、「ひんこんをなくそう」「きがをゼロに」「すべてのひとにけんこうとふくしを」「しつのたかいきょういくをみんなに」の4本(動画時間はいずれも1~1分半程度)。