まめ学

葛藤しつつ飲み過ぎる!? 元気を出すためのエナジードリンク

イメージ
イメージ

 エナジードリンクって身体にいいの?それとも!? トレンド総研(東京)は、エナジードリンクブランド「RAIZIN(ライジン)」(大正製薬)と共同で、「エナジードリンク」をテーマにした調査を実施した。

 エナジードリンクを週に1回以上飲んでいる人を「ヘビーユーザー」と定義。1都3県( 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県 )在住で、20~40代のエナジードリンクヘビーユーザー男女500人を対象にした。

 職業については、「会社員」が63%で最も多く、中でも「IT業界」(17%)で働く人が目立った。「エナジードリンクの飲用シーン」(複数回答)を尋ねたところ、「仕事や勉強の気合を入れたいとき」(45%)や「リフレッシュをしたいとき」(37%)が多い。さらに、「エナジードリンクは、あなたにとって仕事や勉強を頑張るときの必需品だと感じるか?」と聞くと、実に96%が「そう感じる」と回答するなど、ヘビーユーザーともなると必需品のようになっている。

 一方、ヘビーユーザーたちが「エナジードリンクに対して抱いているイメージ」について質問すると、「飲みすぎるとよくない」(58%)、「糖類が多い」(36%)などのネガティブな回答が、「元気になる」(34%)というポジティブな回答を上回った。ついつい飲んでしまうのを、節制しようとしている人が多いことがうかがえる。

  実際に、エナジードリンクに対する考えについて聞いた質問でも、「カラダに悪いと思うが、元気を出すためには仕方がないと思って飲んでいる」(35%)が最も多く、「カラダへの良し悪しを考えず、飲んでいる」(21%)、「カラダに悪いと思うが、気にせず飲んでいる」(20%)などを上回った。調査結果からは、ヘビーユーザーの多くが、エナジードリンクに「カラダに悪い」イメージを持ちつつも、元気を出すためには手離せないというジレンマを抱えていることが分かる。ちなみに、実に約6割(58%)が飲み過ぎを心配している。