まめ学

東京の市区町村別感染者数も配信開始 全症例掲載の都道府県別マップ

main

 毎朝、WHOのダッシュボードでグラフを眺めるのが習慣になってしまった、という人は少なくない。こちらは日本のマップ。2月から公開されている「都道府県別新型コロナウイルス感染者数マップ」( ジャッグジャパン・東京)で、新たに緊急事態宣言の発令状況や、東京都の市区町村別感染者数が配信されるようになった。無償で閲覧できる。厚生労働省や地方自治体の公開する症例データを一元的に集約し、可視化するデータビジュアルサイトだ。

sub1

 マップ上で、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令状況が確認でき、「期間」についても掲載。また、東京都については、市区町村別の感染者数を日次で公開している。開設から4月6日までの間に、モバイル版や英語版を合わせて2,200万以上のアクセスがあったほか、国内の多くの大学・研究機関などで新型コロナウイルスに関する研究の元データとして利活用されている。