まめ学

受験期の息抜きは何だった? やっぱりスマホが一番!?

イメージ
イメージ

 HUSTAR(東京)が運営する「スタディチェーン」編集部は、現役大学生に対して「受験期の息抜きは何だったか」について調査した。

 大学受験というのは今まで生活の中で行っていたもの、例えば友達と遊ぶ量回数を減らしたり、SNSを断ったりして、勉強以外の時間を大幅に減らし、勉強に打ち込まなければならない。では、現役大学生は受験期にどのように息抜きをしていたのか? 調査の結果は以下の通り。

スマートフォン:35%

友達や親との会話:24%

テレビ:18%

その他:23%

czMjYXJ0aWNsZSM2NTY2NSMyMzk3MzAjNjU2NjVfbXZOWm1obGxqcy5qcGVn

 最も多いのは「スマートフォンを利用する」と回答した人で全体の35%。時には音楽を聴きながらやることで休憩の要素を入れ、ソファに座りながら単語帳を読むなど休憩しながら勉強することもできる。好きなアーティストの動画を一本だけ、など制限を付けて利用するのも気分転換になる。

 次に多かったのは「友達や親との会話」。一人で根を詰めるより、誰かと話すことによって良いリフレッシュをすることも大切かもしれない。