まめ学

ACジャパンの広告が激増! テレビCMのコロナ影響調査

イメージ
イメージ

 何か大きな事件や大災害があった後、テレビCMで多くなるのが「エーシー」のフレーズ、そうACジャパンの広告だ。東日本大震災の後、何度も見かけたが、今回の新型コロナウイルスによる緊急事態宣言下ではどうだろう。ゼータ・ブリッジ(東京)は、動画認識エンジンを活用したテレビCM自動認識システムで取得した放送履歴情報から、新型コロナウイルスのテレビCMへの影響を調査した。

 まず、対象エリアとしている東京・大阪・名古屋・福岡・札幌とBS放送における、昨年と今年の4月前半(4/1~4/15)に流れた新規CMの件数を比較。すると、今年は昨年の約86%程度にとどまっていることが分かった。自粛ムードの流れで、CMの出稿を控えた企業が増えたようだ。

内訳を見ると、この時期新規出稿が増える観光・アミューズメントなどのCMが減少している。テーマパークなど、休止している施設のCMが流れなくなったことから昨年比約34%、映画館の休館に伴い上映告知CMも前年比約43.2%と大幅に減少。自動車関連の新規出稿も前年比約57%と減少。これは外出自粛の流れのみならず、国内および海外の生産工場において生産の縮小・調整の動きが出ていることも影響している。

続いてCMの放映数についての影響を見てみると、ACジャパンのCM放映が増加していることが分かった。番組のCM枠を買っていたスポンサーが、自社のCMの放映を自粛して空いてしまったCM枠に、各放送局の自由裁量で流せるACジャパンのCMを充てたためと想像できる。ACジャパンの広告は、昨年の305件から今年は6,103件と、20倍に激増していた。