まめ学

若い女性はおうち時間をどう過ごす? 第1位は「料理」で、第2位は?

イメージ
イメージ

 この巣ごもり生活で、料理の腕が上がったという人もいるのでは? エミナルクリニック(横浜市)は、10~30代の女性1,113人を対象に「おうち時間の過ごし方」についてアンケート調査を実施した。気になる過ごし方(複数回答)だが、一番多かったのは「料理」(51.2%)だった。外食を控えた分、増えたおうち時間を料理に使ったという人が多かったようだ。2位は「映画鑑賞・読書」(45.3%)。これもまとまった時間がないとできないこと。以前から見たいと思っていた外国映画やシリーズドラマを、時間をかけてじっくり見た人もいるだろう。3位は「SNS」(44.4%)、4位は「趣味の時間」(43.6%)、5位は「筋トレ・運動」(25.3%)となった。

 一方、「おうち時間で油断してしまっている」ことを聞いてみると、「体型の維持」(36.9%)が第1位に挙がった。家にいるとついつい食べてしまう一方で、運動量は減ってしまったから、体重が増えた・・・という人も中にはいるかもしれない。2位は「ムダ毛処理」(36.5%)、3位は「スキンケア」(9.8%)だった。それぞれの理由としては、「家族以外の人に会う機会がなく、気を使う必要がないから」「家の中にいる分、すぐに食べ物を手に取ることができるから」などが挙げられた。

 最後に、「新型コロナウイルス終息後にやりたい自分磨き」(複数回答)については、「美容院に行く」(71.2%)が圧倒的に多く、次いで「脱毛サロンに行く」(28.2%)、「ジムに行く」(16.8%)となった。