まめ学

コロナ以後、積極的にお金を使いたいことは? 衆議院選挙があれば投票に行く人が9 割以上!

イメージ
イメージ

 グリーン・シップ(東京)は、5 月23 ・24 日に毎月行う自主調査を実施し、全国2,558 人から回答を得た。

 まず、「今後、あなたが積極的にお金を使いたいこと」を聞くと、緊急事態宣言が39 県で解除されたことを受けて実施した前回17 日の調査と比べて、「旅行」(2.9%増)、「ライブや観劇・スポーツ観戦など」(1.6%増)が増加する一方、「親孝行・家族サービス」(3.2%減)、「衣・食・住」(2.7%減)という結果になった。

_prw_PI3lg_5Vc6Io9n

 今回の調査実施の時点で、全地区での緊急事態宣言が解除されることが報道されていたため、解除されるとわかった上での行動についての考えの変化、コロナ終息後の状態について楽観的な意見が表れた様子だ。

 また、衆議院の解散総選挙が実施されるとしたら投票に行くかを聞いたところ、「行く」が75.4%で、「たぶん行く」(15.1%)も合わせると9 割を超える結果に。年代別に見ても、20 代までの若年層でも「行く」は66.9%、「たぶん行く」は16%と、合計8 割を超えた。新型コロナウイルス感染拡大により、政治に関心を持つ人が増えたのかもしれない。