まめ学

6月1日現在の内定率は昨年比マイナス13.4ポイント減 一方Web面接は大幅アップ!

イメージ
イメージ

 リクルートキャリア(東京)の研究機関・就職みらい研究所は、就職みらい研究所学生調査モニター(大学生 752人/大学院生 302人)を対象にして「就職プロセス調査」を実施した。

 それによると、6月1日時点の大学生(大学院生除く)の就職内定率は56.9%(前年同月比-13.4ポイント)となり、20年卒と比べ低くなった。学生が5月中に行った活動の実施率を見ると、「面接など対面での選考を受けた」が21.4%(-50.1ポイント)、「Web上での面接を受けた」が52.5%(+47.8ポイント)で、Web面接は進んでいるものの対面での選考が実施できていない様子がうかがえた。参考データながら、内定取得先企業の従業員規模では、300人未満企業の内定取得が前年と比べて低くなっている。

img_214976_1

 文理別に内定率を見ると、文系が48.8%(-19.0ポイント)、理系が74.9%(-1.2ポイント)となり、5月15日時点に続き理系学生の内定取得が進んだ様子。しかし、文系の5月1日時点と同15日時点の内定率を比較すると+1.7ポイントだったものが、同15日時点と6月1日時点では+7.4ポイントとなり、文系学生の採用も少しずつ動き始めたようだ。

 このように内定率が2カ月連続で前年同月と比べ低くなったことで、心配になる学生もいるだろう。しかし、現行の採用スケジュールとなり、大卒求人倍率が1.74であった17年卒(同時期51.3%) と比べると、依然内定率は高い状態。採用選考のスケジュールを後ろ倒しにしている企業は6月以降に内定出しをすると見られる。