まめ学

9割弱が「第2波が来たら再び緊急事態宣言を」 新型コロナ意識調査、2波、3波への備えも

イメージ
イメージ

 BIGLOBE(東京)は、新型コロナウイルス感染拡大防止策として出された緊急事態宣言の解除後に、「withコロナに関する意識調査」を実施、その結果を発表した。調査は、社会人として働いている全国の20代~60代の男女1,000人を対象に、5月26日~5月27日に行った。

 まず、「新型コロナウイルス感染の第2波が来たら緊急事態宣言を発出してほしいと思うか」と聞いたところ、「そう思う」(55.1%)、「ややそう思う」(30.4%)と、第2波到来時に緊急事態宣言が再び出されることを希望する人は全体の9割弱に達している。

img_215229_1

 「新型コロナウイルス感染の第2波、第3波を想定して準備していること」(複数回答)を聞くと、「マスクや消毒用品の備蓄」が50.5%で最多。そのほか「生活資金の確保」(34.4%)、「食料品の備蓄」(27.3%)、「支出の見直し」(26.0%)という回答が目立った。

 また、「新型コロナウイルス流行を経験後の各業種やサービスがどうなると思うか」尋ねると、「映像・動画配信」は50.5%、「通信販売」は47.7%が、「今後利用が増える」と考えられていることが分かった。一方、利用が減少すると予測されているものは、「劇場」(68.8%)が最も高く、「コンサート」(68.4%)、「旅行」(68.2%)、「ジム・フィットネス」(67.4%)、「映画館」(67.2%)と続いている。密になりやすく、不特定多数との接触の可能性があるもの、特に芸術分野での利用減少を予測する人が多いようだ。