まめ学

人工知能は敵か味方か 自分の仕事は淘汰される?

イメージ
イメージ

 コミュニケーション能力や柔軟な判断力、一定の枠組みの中での計算処理では足りない発想力が求められる仕事はAIに勝てる、とよく言われる。実際、半数の人が「自分の職業は人工知能に淘汰(とうた)されない」と考えていることが、ディップ(東京)による調査で分かった。

main

 AINOW 「社会人(22~60歳)2,000人に聞いた、人工知能って敵?味方?調査」の結果だ。自分の職業が人工知能(AI)により淘汰されると思うかと尋ねたところ、51%が淘汰されないと思うと回答。淘汰されると考えている人は27%、分からないと答えた人は22%にとどまった。また「人工知能のイメージは敵か味方か」を聞くと、12%が敵、46%が味方、42%がどちらでもないと回答。AIの労働市場参入で、助けられる側面を評価している人が多いことがうかがえる。

sub1