まめ学

日本にできても行こうと思わない!? カジノ・IRに関する調査

img_217323_1

 カジノ情報メディア「カジノアカデミア」は、IR・IR法案(カジノ法案)・カジノに関する意識調査を実施、結果を発表した。

 2016年に「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律(IR推進法)」が成立し、日本でもカジノ合法化に向けた動きが進んでいる。そうした中、世間はカジノについてどういったイメージを持っているのだろうか。今回の調査では、クラウドソーシング・Googleフォームを使用し、日本国内在住20代~60代の男女515人に、「IR施設、カジノ法案に対するイメージ」「カジノに対するイメージや体験」を聞いた。

 まずIRについて聞くと、全体の87.4%が「何となく」を含め知っていると回答。一定以上の認知が進んでいることが分かった。そして、日本にIR施設ができることについての賛否は「賛成:35.9% 反対:32.4% どちらでもない:32.7%」と、ほぼ均等に回答が分かれた。なお、年齢別集計によると、50代以上では反対意見が上回った。

 

 

img_217323_8

 カジノについてのイメージを聞くと、「華やか・楽しい」「経済にプラスになる」「大金が動く」といったポジティブな見方のほか、「怖い・危険・治安が悪くなる」「ギャンブル依存症」といったネガティブな声も聞かれた。

 一方、海外カジノで遊んだことがあるかという質問に対して、全体の17.3%が「遊んだことがある」と回答。「遊んだことがない」と回答したのは全体の82.7%だった。また、日本にカジノができたら行ってみたいかどうかを質問すると、「行きたい」は29.3%、「行きたくない」は70.7%だった。

img_217323_2

 よく「カジノ法案」という呼び方を見掛けるが、正式名称は「IR推進法(特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律)」「IR整備法」。「カジノ法案」という言葉のイメージから、前述のカジノのイメージも相まってIR=ギャンブル促進・治安悪化というイメージを持たれているのかもしれない。しかし、カジノができる際にはIRに占める面積がごく一部(3%)になるよう限定されていたり、カジノへの入場制限があったりと、日本では厳格な安全規定が設けられるように検討しているという。同社は、そうした背景の認知向上や、「日本のIR(カジノ)=危険な場所」というイメージを払拭していく事が今後の課題になると予想している。