まめ学

日本社会はコロナ流行を経て変わる!? withコロナに関する意識調査

イメージ
イメージ

 BIGLOBE(東京)は、新型コロナウイルス流行で発出された緊急事態宣言の解除後に、「withコロナに関する意識調査」を実施した。この調査は、社会人として働いている全国の20代~60代の男女1,000人を対象に、5月26日~27日に行った。

 まず、「新型コロナウイルスの流行を経て、日本社会は変わると思うか」を質問したところ、「大きく変化する」が33.5%、「やや変化する」が52.2%と、日本社会は変化すると感じている人が9割弱となった。

img_217490_1

 また、「新型コロナウイルスの流行を経験し、今後社会が向かうべき方向として、経済成長重視と社会福祉重視のどちらがあなたの心情に近いか」を聞くと、「経済成長重視」(15.4%)、「どちらかと言えば経済成長重視」(39.8%)、「どちらかと言えば社会福祉重視」(33.9%)、「社会福祉重視」(10.9%)という結果になった。

 一方、「新型コロナウイルスの対応として、今後政治に期待したいこと」(複数回答)を質問したところ、「ワクチン開発の促進」が72.3%で最多。「失業・休業の損失支援」(49.2%)、「医療関係者への支援」(43.5%)、「各種手続きの電子化」(42.2%)、「消費税などの減税」(41.8%)の順に。何よりも、ワクチン開発を優先してほしいという人が多いことがうかがえる結果となった。