まめ学

旅行を検討している人は8割超え Go Toキャンペーンの行き先は?

イメージ
イメージ

 7月22日からスタートする「Go To Travelキャンペーン」。大幅な割引額が注目を浴び、認知度は9割超え。86.7%の人は、キャンペーンを利用して旅行に行こうと思っていることが、エアトリ(東京)の調査で分かった。調査は男女7,787人を対象に、6月26日~7月13日に行った。

 かなり長い間我慢してきた旅計画。キャンペーンで検討している旅先の1位は沖縄、2位は北海道、3位が福岡だ。旅行意欲の高い人が多い都道府県1位は香川(94.3%)、2位が高知(94.1%)、3位が福井(93.8%)に。旅行に出掛ける交通手段については、やはり他人との接触が少ない「車」(75.4%)が最も多いが、次点で「飛行機」(66.2%)も多く、遠方に足を伸ばしたい気持ちが浮き彫りになった。

 キャンペーンについての認知度は高いが、「よく分からない部分がある」という人(72.2%)も多い。そのうち8割が「割引対象になる商品がどれなのか?(割引適用条件)」が分かりづらいと回答した。

 キャンペーンを利用して旅行するつもりの人に対し、避けようと思っている場所について尋ねると、1位が「混み合う人気観光地」(62.5%)、2位が「新規感染者が一定数出ている都道府県」(56.0%)に。一方で、「離島など医療施設が充実していないエリア」は17.3%にとどまり、感染予防には気を使うが、感染した際のことにまで注意を払っている人は少ないことが明らかになった。