まめ学

コロナ前と後の防災意識に変化は? 家での備蓄量が増加傾向に

イメージ
イメージ

 日本製紙クレシアは、9月1日の「防災の日」を前に「新型コロナウイルス感染拡大以降の防災意識と対策」に関する調査を実施した。世界中を一変させた新型コロナウイルス。これによって、防災への意識は変わっているのだろうか? 感染拡大前後での生活者たちの防災意識・行動の変化について、20~50代の500人に聞いてみた。

 はじめに、「新型コロナウイルスの感染拡大以降、災害への不安は高まったか?」と聞いたところ、9割近く(87%)が「高まった」と回答。その理由としては、「災害自体だけでなく、避難所で感染するのではないかという不安があり、二重に怖い」(56歳・女性)などの声が多く上がっていた。

 そこで、「現在、災害が起きて避難が必要になった場合、移動時や避難先での新型コロナウイルス感染を不安に感じるか?」と尋ねると、91%が「不安に感じる」と答える結果となった。具体的には、「避難先は密集が想定されるので感染リスクが高まりそう」(55歳・男性)、「手洗いなどの対策が十分にできるか不明」(43歳・女性)、「避難所では除菌グッズなどの物資も不足しそう」(23歳・男性)などの声が聞かれる。

 こうした背景から、避難時に持ち運ぶ「防災グッズ」にも変化が生じているようで、新型コロナウイルス感染拡大以降、「防災グッズに除菌・消毒アイテムを新たに追加した」人が約3人に1人(33%)に。「withコロナ」状況下の防災対策においては、「除菌・消毒アイテム」の重要度が今まで以上に高まってきていると言えそうだ。

 さらに、新型コロナウイルス感染拡大以降は、こうした「防災グッズ」だけでなく、外出機会を減らすためのまとめ買いや、ネットでのまとめ注文が進み、飲料・食料・生活用品などの「備蓄・ストック量」も増加傾向にあると言われている。実際に、今回の調査でも、新型コロナウイルス感染拡大以降、自宅における備蓄・ストック量が「増えた」人は、実に4人に1人(25%)に達した。

 この質問に「増えた」と答えた人に、「家に備蓄・ストックしてあるもののみで生活ができる日数」がどれくらい変わったかを聞くと、以下のような結果となった。

【飲料・食品】家に備蓄・ストックしてあるもののみで生活ができる日数

・新型コロナウイルス感染拡大前(昨年):平均「約4.7日」

・新型コロナウイルス感染拡大後(現在):平均「約8.7日」

【日用品】家に備蓄・ストックしてあるもののみで生活ができる日数

・新型コロナウイルス感染拡大前(昨年):平均「約15.5日」

・新型コロナウイルス感染拡大後(現在):平均「約25.5日」