まめ学

地方移住の魅力と不安 会社の移転「賛成」8割

イメージ
イメージ

 リモートワークがデフォルトの人も増え、自宅や会社の「箱」がどこにあるかはあまり重要視されない時代が本格的にやってきている。そこで、クロス・マーケティング(東京)が「郊外・地方移転への意識に関する調査」を実施したところ、8割を超える人が、都市部の会社の郊外・地方移転に賛成であることが分かった。

 

 全国の20~69歳を対象に調査、1,100人から回答を得た。会社員に、いざ自分の会社が郊外や地方部に移転することになり、転勤を伴う事態になった場合、どうするか尋ねたところ、「受け入れる派」(50.9%)と「受け入れられない派」(49.1%)は、ちょうど半々だ。

FUgs9wWJ8ct5tQXYcu3D

 実際に自分が郊外や地方に移住することになった場合に期待することは「物価・家賃が安い」が半数弱で最も多く、生活費の負担が軽減されることへの期待が大きい。そのほか「自然に親しめる」も4割弱で多い。一方、心配なことは、「交通機関の利便性が低い」ことや、「買い物の利便性が低い」ことだった。

h6MscHSdRpiVICpxT9jW