まめ学

コロナの影響で切り替え増加!? オンラインインターンシップの満足度は上々

イメージ
イメージ

 エン・ジャパン(東京)は、運営する新卒学生向けスカウトサービス「iroots」上で、サイトを利用している2022年に卒業予定の大学生/大学院生743人を対象に、「オンラインインターンシップ」についてアンケートを実施した。

 まず、22年卒学生にインターンシップへの参加経験を聞くと、95%が「参加経験がある」と回答。参加したインターンの形式で最も多かったのは、「全日程オンライン」(88%)だった。今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、従来の対面からオンラインに切り替えて開催する企業が増えたようで、「全日程オフライン(対面)」の参加経験者は、その半分の44%だった。

 オンラインインターンシップに参加経験がある人に「何日間のインターンに参加したか?」と質問したところ(複数回答)、「1日間」(88%)が最も多かった。体験したコンテンツ内容(複数回答)では「講義形式」(92%)と「グループワーク」(91%)が多く、次いで「社員との交流」(76%)、「プレゼンテーション」(59%)と続いた。

 オンラインインターンシップに参加経験がある人に、満足度を尋ねると、72%が「満足」(とても満足:14%、満足:58%)と回答。実際に参加した人の中からは「海外支店や法人の方の話を聞けた」「リモートワークの疑似体験。企業のリモートワークに対する適応度が分かった」などの声が聞かれた。一方でイマイチだった点として、「会社説明だけで、お互いに話ができないインターンシップが良くないと感じた。学生側のマイクやビデオがオフになっていたので、コミュニケーションが取りにくかった」「グループワークの際に、各々が話を切り出すタイミングが重なったりして、円滑に進められなかった」などが挙げられた。