まめ学

自粛はしないが時期をずらし“密”を避ける? 七五三撮影の動向

イメージ
イメージ

 子どもの成長を祝う行事、「七五三」のお参りシーズンが近づいてきた。新型コロナウイルスの影響は、お参りや記念撮影への向き合い方にも及んでいるのだろうか?

 日本最大級のインターネット商店街「くらしのマーケット」が、提供する「七五三撮影(出張撮影・カメラマン)」に関して動向調査を行ったところ、9月1日から30日までに予約された件数は、昨年同期対比で増加。自粛の動きは見られなかった。

 一方で、撮影予定日の月別分布を昨年と今年で比べたところ、昨年は63.7%が11月に集中していたが、今年は、55.9%と8ポイントほど低下。その分10月に撮影する割合が昨年より高くなっている。自粛の動きはないものの、密を避けるために時期をずらす動きが出ているようだ。