まめ学

イタリア全土でマスク着用義務化 緊急事態も延長

イメージ
イメージ

 アメリカでは、トランプ大統領が新型コロナウイルス陽性判定から1週間足らずで執務に復帰したことが大きな波紋を広げている。他国から帰国するだけで“2週間隔離”の日本から見ると相当“楽観的なツワモノ”だが、やはり上級顧問、報道官と周囲に感染者が増え続けている。ヨーロッパの感染者数もいまだ落ち着かない。イタリアでは、国内の一部で義務化していたマスク着用を全国に拡大、ジュゼッペ・コンテ首相は緊急事態宣言を来年1月末まで延長した。

 ラ・レプブリカなど現地紙が伝えたところによると、公共施設の閉鎖空間に加え、ローマやナポリなどではすでに戸外でもマスク着用は義務だったが、これをイタリア全土に広げた。自宅や、一人もしくは家族のみで行き来する場所、6歳以下の子ども、マスク着用が難しい何らかの病気、もしくはスポーツの最中といった場合を除き、戸外でもマスクをすることが義務付けられた。バーやレストランでも、飲食の間を除き、店を出入りするときやトイレに行く時などは、マスクをしなければならない。違反した場合は罰金400~1,000ユーロ(約5万~12万円)が課せられる。

text by coco.g