まめ学

肉と魚、どっちが好き? 人気料理は「焼肉」「カレー」など

イメージ
イメージ

 文字通りの“肉食”が多数派だ。魚介類より肉類を食べることが多いという人は、全体の6割。中でも焼肉が好き、という人が7割に上ることが、「精肉類・肉料理」に関する調査(マイボイスコム・東京)で分かった。魚をさばけない、骨があってきれいに食べられないなど、よく耳にする魚料理への苦手意識と肉好きは、表裏一体なのかもしれない。

 ネット調査で1万279件の回答を分析したもの。肉類を食べる人に聞いた「好きな肉料理」(複数回答)は、焼肉(70.3%)のほか、カレー、しょうが焼き、トンカツ、餃子、からあげが各60%台で続いている。男性で比率が高いのは、牛丼やメンチカツ、もつ煮込みなど。肉類を食べる人が「よく食べる肉の種類」(複数回答)は、豚肉と鶏肉がいずれも8割前後で、牛肉は55.4%に。「肉類を買う時に重視する点」(複数回答)は、やはり価格(62.3%)がトップで、次いで国産かどうか(47.4%)を気にする人が多かった。