まめ学

女性に不評?のGoToトラベル 利用しない人が多い地方は?

イメージ
イメージ

 東京発着が解禁となり、利用者が急増したと言われるGoToトラベルキャンペーン。旅行会社によっては、上限額を引き下げざるを得ないところが出るなど、殺到しているイメージがあるが、実際のところはどうだろう? リスクモンスター(東京)が20~59歳の500人を対象に実施した第1回「GoTo トラベルキャンペーン実態」調査によると、世間のイメージとは裏腹にあまり評判がよろしくないようで…。

 まず、GoToトラベルに「反対」の人は7割強に達し、中でも女性は77.6%が反対。男性の反対は64.0%だった。しかも、利用するとした人は、男性が16.8%だったのに対して、女性はその半数の8.4%に過ぎなかった。キャンペーンを利用して旅行に行こうと思っているのは、男性の方が多いのだ。

 居住地別では、各地域おおむね1割以上が利用しようとしている中で、なぜか東北地方だけが6.5%と突出して低いという結果に。年齢別では、他の年齢層が12~17%が利用すると答えたのに対し、これまた30代のみ5.6%と極端に低い。利用しようとしている人も、遠方ではなく近場の旅行という人が多く、GoToトラベルのオトク感から遠出しようとするわけではないようだ。