まめ学

ウェブサイトの価値が高い企業 航空会社がランキング上位のワンツーに

イメージ
イメージ

 新型コロナウィルスの影響で、リアルな活動が制限される状態となり、ますますウェブサイトの重要性が高まっている。企業がビジネスを進める上で、ウェブサイトの活用は必須だが、実際にどれだけ貢献しているのだろう。トライベック(東京)が運営するトライベック・ブランド戦略研究所はこのほど、「Web Equity 2020」の調査結果をまとめ、12業界246企業・ブランドについてデジタルメディア(公式サイト、SNS公式アカウント、公式アプリ)の事業活動への貢献度を算出、ウェブサイト価値ランキング2020として発表した。

 ウェブサイト価値とは、商品の認知度やイメージ、好感度などについて、いかにウェブメディアが貢献したかを表す「情報価値」と、実際にどれだけ売上高に結び付いたかを示す「売上価値」を合算したもの。式で表すと、以下のようになる。
 「ウェブサイト価値」=「情報価値(閲覧価値+行動価値)」+「売上価値」

 「情報価値」のうち「閲覧価値」はデジタルメディアのコンテンツが、どれくらい閲覧されたかを推定して算出、「行動価値」は会員登録やSNSのフォローなど閲覧後の行動から算出している。

 「ウェブサイト価値ランキング2020」の1位は全日空(ANA)で906億円、2位は日本航空(JAL)で718億円と、航空会社のワンツーとなっている。続いて3位ユニクロ(676億円)、4位トヨタ自動車(641億円)、5位パナソニック(607億円)がランクインした。

 外出自粛、巣ごもり、テレワーク──リアルに接触する機会が減少する中、ますます企業のデジタルメディアの活用が重要になってきそうだ。