まめ学

「買っちゃった」が半数以上? 売り上げNo.1に引かれる

イメージ
イメージ

 広告だ、売り文句だ、と分かってはいても、引かれてしまうのがキャッチコピー。アンケート調査(ドゥ・ハウス・東京)によると、食品のキャッチコピーで最も興味も引かれるのは「売り上げNO.1」。この一文で半数以上がその商品を買った経験があるという。

 全国の20~60代の894人の回答結果。どんなキャッチコピーでその商品に興味を持ったことがあるかをカテゴリ別に聞いたところ、上位は「売り上げNo.1」(31.8%)、「クチコミランキング1位」(22.4%)、「満足度〇%」(18.5%)、そして「医師がすすめる」(15.7%)の順だ。

 そのキャッチコピーで実際に商品を購入したかをたずねると、「売り上げNo.1」は53.7%で半数以上。「クチコミランキング1位」は32.2%、「満足度〇%」は27.5%。他の消費者が買って満足しているらしいという感覚は、知らない商品購入のハードルを下げるらしい。「医者がすすめる」は、50~60代が他の年代より比率が高く、年代が上がるほど医者の言葉に対する関心が高くなるようだ。