まめ学

コロナ下の冬、「かくれ脱水」に注意 医師らの団体が啓発、水分補給の重要性を呼び掛け

コロナ下の冬、「かくれ脱水」に注意 医師らの団体が啓発、水分補給の重要性を呼び掛け 画像1
教えて!『かくれ脱水』委員会 副委員長 医師 谷口英喜先生

 

 医療関係者で組織する熱中症・脱水症の予防啓発団体「教えて! 『かくれ脱水』委員会」(事務局・東京都中央区)は、新型コロナウイルスが流行している今冬は「かくれ脱水が起こりやすいので注意が必要だ」と呼び掛けるメッセージを発表した。

 同委員会は、夏場にも「コロナ禍での外出自粛で、体が暑さに慣れず脱水状態になりやすい」として熱中症に注意を促した。今回、済生会横浜市東部病院・患者支援センター長で、同委員会の副委員長を務める谷口英喜医師の監修のもと、「夏よりも冬の方が『かくれ脱水』に陥りやすい」と訴えている。

 理由として、空気が乾燥し肌から水分が奪われやすい上に、冬は汗をかかず喉も渇きづらいことから脱水に気付きにくい、としている。さらに「長い自粛期間で水をためる臓器である筋肉が衰えている」「体が脱水していると、ウイルスから守る『粘膜』の働きが正常でなくなる」「脱水で便秘になり免疫バランスが崩れることも」「こたつでうたた寝すると気付かぬうちに汗をかき脱水状態に」などと解説している。

 対策としては「室内で軽い運動をする」「渇きを感じなくても水分を補給する」「食物繊維を多く含むものを食べる」「こたつの上に水分を置いて小まめに飲む」といった行動を挙げている。

 また、入浴時の浴室と脱衣場の寒暖差などでヒートショックを起こす危険性も指摘。体内の水分が少なくなっている高齢者に「入浴の前後に水を飲む」ことを呼び掛けている。

 「教えて! 『かくれ脱水』委員会」(委員長=服部益治・兵庫医科大特別招聘〈しょうへい〉教授)は、各医療分野に詳しい13人で構成。脱水による体への影響について、さまざまな提言を行っている。