まめ学

冬のボーナス、ズバリいくら? 約2割がボーナス出てもパートナーに内緒

main

 コロナ禍で経済が不安定なこのご時世。ボーナスが出なかった企業が多いという報道もある。家事情報サイト「カジナビ」 (PLAN-B・東京)は、「ボーナスぶっちゃけいくら出た?」「使い道は?」など、サラリーマンの本音を聞く「2020年の冬のボーナス」に関するアンケート調査を行った

 調査は12月15日から17日にかけてカジナビ利用者435人を対象に行った。回答者の男女の比率は、男性52%、女性48%で、20~40代の働き盛りが中心だった。

 その結果、コロナ禍でも冬のボーナスが「出た」人は56%と半数以上で、「出る予定」は11%。「出なかった」は31%だった。

コロナ渦の冬のボーナス…「出た」人は56%と半数以上!

 ボーナスが出たと答えた289人にリアルな支給金額を聞いたところ、全体の平均額は「359,532円」。上場企業平均や、公務員平均が60万前後と発表されている中で、もっと一般人寄りのリアルな数字は、厳しめな金額になった。

 また、「家族、パートナーにボーナスが出たことや金額を正直に伝えましたか?」と聞くと、約5人に1人の45人が「内緒にしている」と答えた。「バレないの!?」とも思うが、夫婦でも家計口座を分けている場合は、意外とバレないのかもしれない。その理由や使い道、ボーナスの金額を聞くと、「だんなはコロナの影響でボーナスなしだったので、プライド傷つけてしまいそうで言いづらい」(32万円/30代女性)、「ボーナス出たことでこれ買ってあれ買ってと、たかられるのが嫌なので黙ってます」(20万円/30代男性)、「こっそり整形に使います」(10万円/20代女性)、そして、「浮気相手との旅行とプレゼントに使います」(100万円/50代男性)などという、いただけない声もあった。