まめ学

主婦に人気がある資格は? トップはドラッグストアでおなじみの仕事

イメージ
イメージ

 子育てがひと段落したので仕事をしてみたい! 家庭と両立できるような仕事をしてみたい! ──そんな主婦が多いことだろう。今の世の中、コロナ禍で外出するのが怖いので、在宅ワークで何か良い仕事はないかと探している人もいるかもしれない。

 ただ、仕事をして稼ぐ目的が「プチ稼ぎをしたい」「本格的に再就職したい」と異なっても、やはり、就職する際にあれば強い武器になるのが資格だ。今の時代、仕事を目指す主婦はどんな資格を求めているのだろう? 主婦の再就職や在宅ワークに役立つ資格情報サイト「主婦資格ナビ」を運営するパセリ(東京)は、2020年にあったアクセス数を集計して、昨年1年間で人気があった資格をランキング化した。

 それによると、トップは「登録販売者」。これは、ドラッグストアなどで一般用医薬品を販売できる薬のスペシャリストで、経験、学歴が不問で、薬剤師に変わる医薬品販売のスペシャリストとして今、人気の資格だ。

 第2位は図書館司書・司書補。図書館における業務を行う専門職で、これは詳しい説明は要らないだろう。第3位のCADは、コンピュータを用いて設計をする業務で、学ぶ人が増えている。

 以下、第4位はアンガーマネジメントファシリテーター、第5位はマイクロソフトスペシャリスト(MOS)、第6位はトリマー、第7位は心理カウンセラー、第8位は医療事務、第9位は料理、第10位はWebデザイナーと続いている。あなたが欲しい資格、学びたいものはこの中にあるかな?