まめ学

企業の公式Twitterはフォローしてる? 目的は「お得情報を得るため」が約5割

main

 コロナ禍でさらに広がったSNSの利用。Twitterはどの程度、そしてどのように使っている? アライドアーキテクツ(東京)は、「Twitter企業公式アカウント」の利用実態について調査を実施。男女ユーザー1,095人のうち54.3%が「公式アカウントをフォローしている」ことが分かった。公式アカウントをフォローするようになったきっかけは、1位「Twitterキャンペーン」(59.5%)、2位「企業の公式サイト」(45.1%)、3位「一般人の投稿やリツイートを見て」(35.5%)となった。

54.3%のTwitterユーザーが企業公式アカウントをフォロー。性別・年代別に見ても大きな違いはなく、幅広いユーザーからフォローが行われている

 では、何のために公式アカウントをフォローしているかというと、一番多かったのは「新情報やクーポンなどのお得な情報を取得するため」(46.9%)。2番目は「そのブランドが好きだから」(25.0%)となり、次いで「キャンペーンに参加するため」(23.6%)だった。キャンペーン参加のためにアカウントをフォローする人の割合は昨年よりも増えているという。

 次に、「公式アカウントをフォローしてから、その企業に対する意識・行動で当てはまるものは何か」という質問では、「よりそのブランド・店・サービスに詳しくなった」(48.1%)が1位に。2位は「より好きになった」(39.2%)で、3位は「より購入・来店・利用が増えた」(31.5%)だった。「Twitterで見たことをきっかけに、商品やサービスを購入」したことが「ある」人は60.5%。具体的にどんなサービス・何を買ったかというと、「菓子」(29.0%)、「外食チェーン」(23.0%)、「スーパーで買える食料品」(21.6%)となった。一方、「通販で買える食料品」は6.7%だった。