まめ学

生産性向上に必要なのは文章力!? テレワークに関する意識調査

イメージ
イメージ

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、企業のテレワーク化が進んでいる。テレワークによって仕事がオフィスで行う時よりもはかどるのか、それとも滞ってしまうのか、人によってさまざまだろうが、実態はどうなのだろうか? そんな中で、日本漢字能力検定協会(京都市)は、テレワークを経験したことがある全国のオフィスワーカー534人を対象に意識調査を実施した。

 ズバリ、テレワークによって、生産性が高まったと思っている人は、回答者のうち46.8%となり、思わない人の53.2%を下回っている。急速に広がったテレワークだが、生産性が変わらない、あるいは下がったと思っている人が多数派を占めることがわかった。

 生産性を下げる理由として多いのが、「コミュニケーション力がない」「デジタルツールを使うことができない」「セルフマネジメント力がない」の3点。いずれもテレワークをするにあたって必要不可欠と思われる要素ばかりで、納得と思える調査結果となった。

 テレワークでコミュニケーションと言えば、そのツールとして多用されるのは、おそらくメールやチャットだろう。そこで、「文章によるコミュニケーション力」と生産性について聞いてみた結果、文章によるコミュニケーションを得意とする人は苦手とする人に比べ、生産性が高まったと感じている様子がうかがえた。

 実際、文章力が重要と思えるのは、日常業務全般での生産性向上のために文章力を高めたいと回答した人が91.4%に達したことからも明らか。文章力を磨くことが、テレワークをスムーズに行うために必須と言えそうだ。ただ、文章力向上のために研修などを行っている企業は44.0%にとどまっている。自分で鍛錬するしかない!?