まめ学

副業はやはり収入を増やすため 株など金融取引ならテレワークと並行でやりやすい!?

イメージ
イメージ

 働き方改革によって、会社勤めをしている人が収入を増やすための副業をやりやすくなったかもしれない。副業のフクにちなみ、2月9日は「副業の日」──それに合わせてマーケティングフルサポート(東京)はさまざまな副業を実践している人211人を対象に実施した「副業者の実態調査」を実施した。

 コロナ禍によって、副業に在り方も変わった可能性があるが、コロナ禍の前から副業を始めた人と、後から始めた人では、意識に違いがあるのだろうか?

 副業を始めた理由については、コロナ前と後に関わらず、「収入を増やすため」となったが、これは当然のことと思われる。2位については、前に始めた人は「やりたいことをやるため」だったの対して、後に始めた人は「本業の収入源」で、必要に迫られて始めた人が多いようだ。

副業を始めた理由 コロナ前「やりたいことをやるため」
 副業を始めた理由 コロナ後「本業の収入減」

 副業者の「理想の働き方」を聞いてみると、副業継続志向の人が6割弱、独立志向が強い人が4人に1人という結果に。副業を続ける人は、現在の本業を続けながらのほか、本業を転職で変えながら副業を継続するという人もいるが、これなど、副業とは何かということを考えさせられるような回答だ。一方、独立志向派では、副業を伸ばしてフリーランスになる、副業を伸ばして起業する、といった上昇指向の強さを感じさせる答えが目立っている。

 独立志向が高い副業としては、1位 「コーチング、カウンセリング、コンサルティング」、2位 「株式投資、FX、仮想通貨など金融系」。株価の上昇が目立つ中で、いわゆるデイトレーダーとして活躍している人が多いことがうかがえる。そう言えば、デイトレーダーならテレワークで本業をしながら、株式の売買がしやすいかもしれない。