まめ学

やっぱり節約 一番多い理由は日々の生活のため

d4376-450-209757-0

 外食や旅行が減った一年。でも同じ理由で収入が減っている人も多い。節約を心がけている人は多く、その節約は「日々の生活費のため」という人が最も多いことが、Ponta消費意識調査 (ロイヤリティ マーケティング・東京)で分かった。

 20代以上の3,000人を対象にした調査。 まず月々の収支を「把握している」人は全体の84.8%。半数が口座の残高やクレジットカードの明細で支出を把握している。コロナをきっかけに収支を意識するようになったという人も多い。

 「節約したい」派は63.7%で、昨年暮れに実施した前回調査より5.8ポイント増加している。 節約したい理由は「日々の生活費のため」(44.6%)のほか、住宅購入や子どもの学費など将来の消費のため(39%)、老後の生活費(36.6%)、病気や災害に備えるため(23%)などだった。