まめ学

コロナでペットにかかる費用も変化 美容院は飼い主より高く

イメージ
イメージ

 ペットは家族の一員。かわいがっていやされて、もちろんそれなりにお金もかかる。ペットにかける年間支出調査 2020(アニコム ホールディングス・東京)によると、年間の費用は平均すると犬で34万円、猫では16万円。コロナ禍の一年、ペットにかける支出の増減もあった。

 アニコム損保のペット保険契約者3,000人あまりの回答結果。犬・猫それぞれについて、病気の治療費やフード代、トリミング料などを調べたところ、犬では33万8,561円(前年比110.4%)、猫では16万4,835円(前年比103.9%)と犬猫ともに昨年よりやや増加した。内訳をみると、けがや病気の治療費、サプリメントやシャンプー、予防費などが増えた反面、ペットホテルやペットシッター代は前年の半分以下、洋服やドッグラン、防災用品の費用なども減っていた。

 旅行などに行けなかった人が多かったため、ペットホテルの利用などが減り、家で一緒に過ごす時間が増えたことから、ペットの変化に気付き、病院に連れていくことが多くなった結果と分析されている。

 一方、3割以上の飼い主が美容院や医療費は自分よりもペットに多くかけていると答えた。「自分は2~3カ月に1回だが、愛犬は月1でトリミング」「健康を保つ上で、トリミングも必要不可欠。医療も人とは違い、様子見ができないため」のほか、「できることは全てしてあげたい」「少しでも長く一緒にいたいから」といった“愛ある回答”が多かった。