まめ学

「家飲み増加」は61% ビール・サワーを抑えて1位になったのは?

イメージ
イメージ

 野外で飲んでも気持ちがいい季節となったが、あいにくのコロナ禍。外食もレストランでの飲酒も控えている人が大半だろう。リカー・イノベーション(東京)が「KURANDO」オンラインストアのメールマガジン会員777人を対象にアンケート調査を行ったところ、60.9%が家でお酒を飲む機会が「増えた」と回答した。今年のお花見を控えた(控える)人は74%で、今後も家飲み習慣は続きそうだ。

 家で飲むお酒の1位は意外にも「日本酒」(64.7%)。家で過ごす時間も長く、お酒をゆったりと楽しんでいる人が多いのかもしれない。「チューハイ・サワー」は47.5%、「果実酒・リキュール」は39.4%で、「ビール」は38.6%だった。花を眺めながら大勢でワイワイと飲むという春の過ごし方は難しいが、春限定のお酒や春パッケージの商品もある。家でお酒を飲む時も、少し春を取り入れるといいかもしれない。同社では、春におすすめのお酒がランダムに届くキャンペーン「春の酒ガチャまつり」を5月7日(金)まで開催している。