まめ学

朝ごはんの悩みは何? 働くママの9割以上が「マンネリ化」

イメージ
イメージ

 一日のスタートはしっかりとした朝ごはんからとはいうものの、一番忙しいのも朝。みんなは毎日どのような朝ごはんを食べている? ハインツ日本(東京)は、子育て中の仕事を持つ30・40代の女性500人を対象に「朝食、冷凍野菜」についてアンケートを実施した。

 最初に「平日の朝食で重視することは?」と聞いたところ、80%のママが「短時間での調理」と回答した。朝ごはん&お弁当作り、子どもの着替え、自分の身支度、洗い物など朝にやるべき家事はたくさん。すべてを効率よくこなすためには、ひとつひとつをなるべく短時間で終わらせたいところだ。2番目に挙がったのは「何かを食べること」(41%)。子どもを送り出してなんとか自分も会社へ、でも朝ごはんを食べる時間は毎回ない、というママが少なくないのかもしれない。3番目は「栄養バランス」(34%)となった。

平日の朝食で重視することは「短時間での調理」と回答した人が80%!

 では、実際にどのような朝ごはんを食べている(作っている)かというと、「直近1年で出したことがある朝食おかず」(複数回答)の1位は「ソーセージ・ウィンナー」。2位は「目玉焼き」で、3位は「野菜サラダ」だった。4位の「スクランブルエッグ」と5位の「ベーコンエッグ」を加えると、卵は忙しい朝に大活躍する食材のようだ。ただ、「朝食メニューがマンネリ化している」と考えているママは94%。時間があるならもっと手をかけた朝ごはんを用意したいのかもしれない。