まめ学

酒好きの半数が「父の日」にお酒を贈る!? もらって喜ばれるのはやっぱり

イメージ
イメージ

 6月に入ると、第3日曜日に「父の日」がやってくる。「お父さんに何かプレゼントを」と考えている人も多いことだろう。そうした中、呑兵衛のお父さんが喜びそうなのがお酒のプレゼント。実は、家計調査(酒類消費資質)によると、父の日は一年でもよく酒が買われるベスト10に入っているのだとか。コロナ禍になってからは外で飲む機会がめっきり減っているため、家飲み用のお酒をプレゼントすれば喜ばれること間違いない。

 そこで、継続して酒好きにアンケートを実施している「酒飲みのミカタ」(酒文化研究所・東京)では、今年の父の日にちなみ、酒好き108人を対象に調査を実施。それによると、もらって嬉しいお酒は当然と言えば当然だが「好みの酒」がトップになった。お父さんの好みの酒を実は知らない──そんな人は、次に多かった「ちまたで評判の酒」、「プレミアムビール」を選ぶのがいいかもしれない。

もらってうれしい酒は「好みの酒」「評判の酒」「プレミアムビール」
もらってうれしい酒は「好みの酒」「評判の酒」「プレミアムビール」

 さて、父の日にプレゼントを贈った経験を聞くと、さすがに酒好きへの質問とあって、酒類をプレゼントした人は半数にのぼり、酒類以外のものを贈ったことがあるという回答(35%)を上回った。反対に、贈ったことがない人は3割。お父さんに感謝して、プレゼントを贈る人が多数派となっている。