まめ学

人生をやり直せるなら何歳に戻りたい? 2021年の還暦人にいろいろと聞きました

イメージ
イメージ

 もしもあなたが20歳の自分に会えたら、伝えたい言葉は何だろうか? 還暦を迎える男女を対象に毎年アンケート調査を行っているPGF生命(プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険株式会社・東京)は、「2021年の還暦人(かんれきびと)に関する調査」を実施した。対象は今年還暦を迎える1961年生まれの男女で、有効サンプル数は2,000人。

 まず、全回答者に還暦の実感を聞いたところ、「実感がわかない」に「あてはまる」と答えた人は74.6%。還暦人の約4人に3人は自身が還暦を迎えるという実感を持っていない様子。

 また、自分の心や体の年齢が何歳に相当すると思うか尋ねると、精神年齢では「50~54歳相当」(27.8%)という回答が最も多く、平均では47.2歳だった。

 これらは昨年とほぼ同様の結果で、近年は還暦の実感があまりなく、心の若々しさには自信を持っている還暦人が多いようだ。

 一方、肉体年齢の実感で最も多かったのは「55~59歳相当」(27.2%)で、平均では55.8歳。最近、体力や記憶力の衰えを感じるかという問いには、8割強が「体力の衰えを感じる」、7割強が「記憶力の衰えを感じる」と答えている。

 贈られてうれしい還暦祝いとしては、イベントの1位が「一緒に旅行」(33.1%)、プレゼントの1位が「旅行券」(18.5%)となり、旅行に関する還暦祝いが喜ばれるようだ。逆に遠慮したい・嫌な還暦祝いは、イベントでは「赤いちゃんちゃんこを着る」(65.9%)がダントツ。プレゼントでは「夫婦ペアグッズ」(23.3%)が1位だった。

 全回答者(2,000人)に、人生をやり直せるなら何歳に戻りたいか聞くと、戻りたい時期がある人(1,547人)の中で最も多かったのは「15歳~19歳」(31.1%)だった。さらに「10~14歳」(12.7%)、「20~24歳」(21.7%)にも回答が集まり、平均は20.3歳だった。

 回答の理由を見ると、「15歳~19歳」では、「高校受験をやり直したいから」や「大学受験をやり直したいから」、「将来について考え直したいから」や「(女子校だったので)共学の高校に行ってみたいから」など、進路に関する内容が多かった。また、「この頃が一番楽しかったから」や「自由で一番楽しかった時期だから」など、充実した毎日を送っていたことがうかがえる回答のほか、「もう一度女子高生をしてみたいから」や「親孝行できなかったから」といった回答も見られた。

 もしも20歳の自分に会えたら、伝えたいと思う言葉を教えてもらうと、1位は「勉強しなさい」(104)だった。以下、2位「頑張って」(82)、3位「貯金しなさい」(56)、4位「やりたいことをしなさい」(39)、5位「人生を楽しみなさい」(35)という結果に。おおむね、人生のアドバイス的な言葉が多いが、米寿(88歳)や喜寿(77歳)の人に還暦人へ伝えたい言葉を聞いてみると、実はそれほど変わらなかったりするのかも。還暦人の皆さんにも、ますますお元気で頑張っていただきたいものだ。