まめ学

都道府県それぞれのイメージは? 観光は京都、暮らしは山形

sub3

 狭いニッポン、でも県境で異なるイメージというのはある。産業、暮らし、観光の三つのカテゴリーで全国47都道府県のイメージを調査、ジェイアール東海エージェンシー(東京)が結果を発表した。観光では京都が、暮らしでは山形が最も高いイメージを持たれていた。

 首都圏・関西圏の在住者約7,000人を対象にした「47都道府県ブランドパフォーマンス調査」。まず、全国で最も暮らしのイメージが高かったのは、首都圏・関西圏在住者ともに1位が山形、2位は秋田で、「この地域での暮らしは健康によさそう」というもの。3位以下は、首都圏では長野、栃木、山梨の順、関西圏では高知、島根、北海道という並びだった。

 次に産業では観光が最もイメージが高く、首都圏・関西圏在住者ともに1位が京都、2位は沖縄。3、4位は順位が異なるものの奈良と北海道、5位は双方大阪だ。さらにその観光についてイメージが高いのは「景色・景観」で、1位は首都圏・関西圏ともに北海道。2、3位には沖縄と京都がランクインした。