まめ学

漫画アプリで人気の作品がランクイン 次にアニメ化してほしい漫画ランキング

main

 今週からスタートする夏アニメの放送。お気に入りの作品を楽しみにしている人もいれば、今季以降にお気に入りの作品のアニメ化を期待している人もいるかもしれない。動画配信の横断検索サービスの「ワンスクリーン」(viviane・東京)は、インターネット調査で、10~60代の男女300人を対象に「次にアニメ化してほしい漫画は?」というアンケート調査を行った。

sub2

 ランキング1位になったのは、遠藤達哉原作の『SPY×FAMILY』で4.8%。互いに正体を隠した「スパイ」、「暗殺者」、「超能力者」のかりそめ家族を描いた同作は「このマンガがすごい!2020」で大賞を獲得したホームコメディ作品。アンケートでは、「シリアスと笑いのパートのバランスがちょうど良く、登場人物も非常に魅力的なので」(20代女性)、「アクション要素あり、ギャグ要素ありな上にアーニャやボンドが可愛いからです。」(20代女性)、「ドタバタホームコメディーで面白いのでアニメ化してほしいです。」(40代女性)などの声も。

 以下、2位『薬屋のひとりごと』(3.7%)、3位『おじさまと猫』(3.3%)、4位『怪獣8号』 (1.7%)、5位『僕の心のヤバイやつ』(1.3%)。6位は『葬送のフリーレン』、『働かないふたり』、『女神降臨』、『俺だけレベルアップな件』、『ハニーレモンソーダ』の5作品が同率(1.0%)となった。

 実写ドラマ化した『おじさまと猫』(3位) のほか、『薬屋のひとりごと』(2位)や『怪獣8号』(4位)など漫画アプリで連載されている作品が上位となった。まだ読んでいない作品があれば、この夏チェックしてみては?