まめ学

帰省する人微増 コロナ禍2度目の夏休み

イメージ
イメージ

 ワクチン接種は少しずつ進み、五輪は真っ盛り、でも感染も拡大。コロナ禍2年目の夏休み、やはり帰省はしないという人が過半数だが、昨年に比べると帰省する人が若干増えていることが「2021年 夏の過ごし方」に関するアンケート調査(くらしにくふう・東京)で分かった。

 2021年7月15日から21日にかけて、ヨムーノメイト102人を対象に行われたインターネット調査。昨年は「帰省しなかった」という回答が80.4%だったから、今年「帰省しない予定」の人(54.9%)は少々減っている。今年帰省する予定の人は、「両親がワクチン接種済みのため」「同じ都内に実家があるため」など、感染リスクを抑えられていることや、近距離であることを理由に挙げている。

 また、帰省は「日帰り」(44.4%)が最多。帰省先では「バーベキュー」(23.1%)や「家族や知人と食事」(11.5%)を予定している人が多い。逆に帰省しない人の半数は家族に「電話(オンライン含む)をする」(46.5%)と回答。音声通話やビデオ通話での会話によるコミュニケーションを重視する傾向がうかがえた。