まめ学

ワクチン済だと外出傾向 夏休みに関する調査

イメージ
イメージ

 感染者数のグラフになかなかピークアウトは見えてこないが、ワクチン接種が済むと外出に積極的になる傾向があることが、「夏季休暇に関する調査」(東洋経済新報社・東京)で分かった。

 夏休みを取る予定の全国の18歳から60代までの働く男女331人にインターネット調査を実施(調査期間:2021年7月12日~15日)。「外出を予定している」人は66.8%だ。内訳をみると「控えめではあるが、外出したい」が53.8%、「積極的に外出したい」が13%。逆に「外出したいが自粛する」人は25.6%、「自宅にいたい」が7.6%で、外出を予定していない人は合計33.2%と、全体としては外出意欲が強いようだ。

 ワクチンとの関係を見ると、「休暇までに接種の予定がない」人が39%、「休暇までに接種する予定」が35%、「すでに接種済み」が26%。接種済み・接種予定ありという人で外出したいという人は計69.8%。接種予定なしだと62%。やはりワクチン接種済み・接種予定ありの人のほうが外出意向がやや高かった。中でも最も多かったのが「外食」で48.9%、「宿泊有りの観光旅行」が44.7%、「ショッピング」が44%だった。