まめ学

やっぱり東京五輪の関心は高かった! 開会直後から好意的ツイートが激増

イメージ
イメージ

 東京オリンピックが幕を閉じてから早いもので1週間──開催前はネガティブな意見が多かったのが、日本選手の活躍、メダルラッシュになるにつれ、ポジティブな見方が多くなった感が強くなった。開催前、開催後、閉会前と世間の見方がどのように変化したか、SNSの動向から探ってみると、その変化がくっきりと読み取れる。

 NTTコム オンライン(東京)東京五輪の期間前後のSNS上の反応について行ったソーシャルリスニングでは、五輪関連のツイートが7月1日には50万件ほどだったのが、開幕直前の7月21日に150万件を超え、開会式の7月23日には1日で約440万件まで急増。7月28日まで連日200万件以上の関連投稿数となった。その後、いったん落ち着いたものの、閉会式翌日の8月9日まで100万件以上のツイート数を記録した。

五輪関連キーワード総ツイート数の推移
五輪関連キーワード総ツイート数の推移

 これを、コロナ関連のツイートと比較すると、より、五輪に対する関心がものすごく高かったことがわかる。ちなみに、「コロナ」の直近1年間の関連ツイート数は1日平均約47万件だったため、平均しても開催期間中は「コロナ」の2倍以上、注目されていたイベントだったと言えそうだ。

五輪関連キーワードと「メダル」「コロナ」「感染」のツイート数の推移
五輪関連キーワードと「メダル」「コロナ」「感染」のツイート数の推移

 好意的な反応、否定的な反応でみると、世間の五輪に対する評価が一変したことが読み取れる。開催前には1割にも満たなかった好意的な反応が、開会式直後の7月24日には、ネガティブとポジティブの割合が逆転。その後は、「応援」「金メダル」「選手」というキーワードを含んだ好意的な反応が賑わいを見せた。

 一方、「コロナ」「感染」を含むネガティブな投稿は開催後も一定量の発信が継続。感染者数の増加が顕著となった7月28日から8月3日は「五輪 AND メダル」よりも「五輪 AND 感染」のツイート数が上回った。それでも、総じてみると五輪のツイート数は多く調査期間中(7月20日から8月9日)の累計ツイート数は3,768万件に達した。
 さて、今度はパラリンピックが開催される。続いてポジティブなツイートが増えるのだろうか。