まめ学

ブロッコリーの芯、食べる? 野菜の可食部調査

main

 おいしさや栄養だけでなく、食品ロスの削減という意味でも、食材のできるだけ多くの部分をきちんと食べたいという人は多い。特に茎や芯など、硬い部分を別に調理したくなる野菜は、人によって「可食部」が異なるようだ。オイシックス・ラ・大地(東京)が8月に行ったアンケート調査では、6割の家庭がブロッコリーの芯を食べていたのに対し、ほうれん草や小松菜の軸を食べるという人は32%にとどまった。

 全国の生産者50人、20~59歳の消費者523人が回答。ほうれん草などの軸は、生産者は70%がそのまま食べており、可食部分に関する知識や、おいしく食べるための調理の仕方など、情報提供にはまだ課題があるようだ。

家庭でブロッコリーの茎を食べるのが「多数派」に
家庭でブロッコリーの茎を食べるのが「多数派」に

 一方で、生産者に「一般に捨てられがちな部分をどうやって食べているか」聞いたところ、「固い桃は皮ごと食べている」といった回答のほか、一般には85%捨てられているピーマンの種は「ひき肉と合わせると分からなくなるのでキーマカレーに」、95%捨てられている玉ねぎの皮は「煮出してお茶に」など、野菜を捨てないレシピやアイデアが寄せられた。