まめ学

PCR受検者は3割 コロナ禍が明けたら旅行に行きたい!

medical
medical

 20代以上の2,586人の調査結果ではあるが、そのうちPCR検査を受けたことがある人は3割だった。感染地域の拡大、重症者数も増える中、エアトリ(東京)が実施したアンケート調査によると、今後PCR検査を受けたいという人は18.2%だった。

 PCR 検査を受けた場所は、病院が34.8%、民間の検査センターが18.3%、そして宅配検査キットが17.9%、クリニックが10%。検査を受ける時に不安なことは、もちろん「陽性だったら困る」(45.2%)だが、「陽性の後どうするんだろう」(30.6%)というその後の不安や、「金額が高い」(11.2%)という声もあった。

 また検査の必要性については、3 割以上が「周囲で感染者が発生した時」に感じるとしており、体調に不安がある時(18.2%)、旅行に行く前(12.7%)のほか、感染者が急増したニュースを見た時(5.5%)という人も。

 一方、コロナ禍が明けたら一番やりたいことをたずねたところ(複数回答可)、飲み会(29.4%)、外食(27.2%)はもちろんのこと、やはり「旅行」が8割強と最多だった。