まめ学

コロナ禍で分かった不要なもの 対面会議や社内イベントなど

イメージ
イメージ

 長引く疫病禍は命に関わる危機。だが、やむを得ず変えたライフスタイルの中で、さまざまな気付きがあることも確かだ。今までやらなかっただけで実は可能だったこと、何となくあったけれど不要なもの。「コロナ禍でわかった、無くてよかったもの、必要になったもの」についてのアンケート調査(エン・ジャパン)によると、不要なものの筆頭は対面での会議だった。

 2021年4月14日~5月11日までの間に、人事情報向けサイト「人事のミカタ」を利用する企業655社が回答。昨年からの1年間、新型コロナウイルスの影響で働き方・社内制度の変更などの対応をした会社は86%。具体的には社員が大勢集まる会議やイベントの禁止(78%)、テレワーク・在宅勤務の導入(72%)、オンライン会議システムの導入(62%)など。これらの対応によって分かった「無くてよかったもの」をたずねると、トップ3は「対面での会議」(45%)、「社内イベント」(25%)、「定時勤務」(23%)だった。

 「対面がまったく不要とは思わないが、オンラインに移行すれば宿泊を伴う出張や長時間の移動もしなくて済む」「紙の資料をオンラインでの画面表示に置き換えても、支障がないことがわかって良かった」「今までは各支店から本社に集まっていたが、オンラインでも特に支障がなく、移動費用などの無駄な経費もかからなくなった」など業務のオンライン移行による利点を感じる人は少なくない。

 また社内イベントの中止、縮小についても不満はあまり出ず、業務が軽減され喜んでいる従業員もいる様子。定時勤務ではなくなったことについても、早朝出勤で通勤ラッシュが避けられ、仕事の効率も上がると好評のようだ。