まめ学

育児とファッションの両立は難しい!? 悩みで多いのはレパートリーの少なさ

イメージ
イメージ

 子育て中でもおしゃれをしたい! ──そう思っているママがほとんどではないだろうか? エアークローゼット(東京)が未就学児を子に持つ女性111人を対象に実施した「子育てママのファッション事情調査」(調査期間:2021年8月25日~27日)では、「育児中におしゃれをしたいか?」という問いに「とても思う」が48.7%、「やや思う」が43.2%と実に9割以上が「おしゃれをしたい」と回答した。

 ところが、そうは思っても、おしゃれと育児の両立は難しいのが現実のようで、難しいと感じる人は9割以上に達している。育児中のファッションの悩みについて複数回答で質問すると、「レパートリーが少なく、同じようなコーデになる」が最も多く56.8%に達したほか、「ゆっくり選ぶ時間がない」(47.7%)、「何を着たらいいかわからない」(36.9%)といった回答が多かったなど、こうした悩みの多さが、育児とファッションの両立は難しいと思わせているようだ。

 小さな子どもがいると、自分の時間が少なくなるが、それを反映するように、この調査では、小さな子どもを持ってから服を買いに出かける回数が減少したのが4人に3人。また、出掛けてもアパレルショップで落ち着いて買い物ができなかった経験がある人が多く、さらにコロナ禍になってから8割の人が子ども連れでアパレルショップに行きづらくなったと答えている。