まめ学

電車に乗るのも顔認証 千葉県佐倉市で実証実験

山万ユーカリが丘線ユーカリが丘駅改札口、顔認証改札 実証実験イメージ
山万ユーカリが丘線ユーカリが丘駅改札口、顔認証改札 実証実験イメージ

 スマホに入れたアプリは非接触で交通機関を利用できて便利だが、そろそろ次の段階に来ているようだ。千葉県佐倉市では、9月15日から鉄道・バスでの顔認証乗車システムの実証実験がスタートする。

 

sub2

 パナソニックが提供する顔認証技術と、ジョルダン(東京)の決済・チケット管理システム「JorudanStyle3.1」を用い、ユーカリが丘ニュータウンの新交通システム山万ユーカリが丘線とコミュニティバスの複数の交通サービスで、非接触・非対面での本人確認とチケット確認、乗車管理を実施する。バスでの実証実験はすでに5月から始まっており、新たに鉄道でのサービスを追加することで、複数の交通機関の連携を実現する。