まめ学

歯科医師が72万回の接種実施 コロナワクチン注射で

歯科医師が72万回の接種実施 コロナワクチン注射で 画像1
「日本歯科医師会」 歯科医師よるワクチン接種状況

 

 日本歯科医師会(東京都千代田区)はこのほど、歯科医師が新型コロナウイルスのワクチン注射をした回数は5月から7月末までに72万1471回に上ったと発表した。

 未集計の8月以降の回数を含めれば見込みではすでに100万回は超えているという。日本歯科医師会が5月18日から開始したワクチン接種注射の教育研修には、1万9千人を超える歯科医師が参加している。

 厚生労働省は、歯科医師もワクチン接種のための筋肉内注射ができるとする見解(「新型コロナウイルス感染症に係るワクチン接種のための筋肉内注射の歯科医師による実施について」)を4月26日、関係機関に通知し、日本歯科医師会に協力を求めていた。

 日本歯科医師会は「今後も全国の歯科医師と共に、新型コロナウイルス感染症対応の最前線で日々戦っている医療従事者の方々と連帯して、決意をもって協力し、一日も早く国民がかつての日常を取り戻すことができるように、ワクチン接種に協力していく」としている。